2人に適した婚約指輪|個性的なリングがキズナを深める

一生に一度の特別な日

衣装

花嫁衣装

結婚式で一番の見所は、新婦の美しい花嫁衣装でしょう。神前の場合は白無垢ですし、チャペルの場合はウェディングドレスです。どちらも白を基本としています。白には純真や真っさらという意味があり、これからお嫁に行く女性にぴったりの色だとされているからです。そのため、参列者が白や白っぽい衣装を着ることはマナー違反です。白は花嫁だけが着られる特別な色なのです。そして、衣装替えで着るドレスはカラードレスという物です。カラードレスは白無垢やウェディングドレスとは違い、とても色鮮やかで華やかなドレスです。披露宴会場の照明でキラキラ光るような工夫がなされているドレスもあります。新婦の好みの色やデザインで選ばれることが一般的です。

主役は花嫁

結婚式は夫婦になる二人が主役です。しかし、披露宴での主役はやはり花嫁です。プロの手でメイクやヘアセットをしてもらい綺麗なドレスに身を包むなんて女性なら誰しもが憧れる瞬間です。ウェディングドレスはどのドレスも白色なのでデザインで選ぶしかありませんが、カラードレスは色やデザインが豊富なためウェディングドレス以上に新婦の個性を出すことができます。ヘアスタイルもアレンジし、アクセサリーも変えます。新郎の衣装替えに比べ、やはり新婦のドレス姿は華やかさが違うため、出席者の注目を一気に浴びるでしょう。自分に合うカラー診断をしてくれる式場も多いので、事前に診断を受けてからカラードレスやメイクを考えるとより素敵な花嫁になれるでしょう。